パッケージデザインのアイディア

HOME » パッケージデザインの作り方 » パッケージデザインのアイディア

パッケージデザインのアイディア

商品開発の時に、最も重要になるのがパッケージデザインです。
パッケージデザインとは、商品の容器や外装をに施されたデザインのことで、売り上げに直結する重要な要素のひとつです。
パッケージデザインに、売るための「アイディア」を施すことで、世間からの認知度も変わってきます。
では、パッケージデザインを考える時には、何にこだわればいいのでしょうか?
ここでは、そのポイントについて紹介したいと思います。

まず一番こだわらなければならないことは、商品のターゲット層を明確にすることです。
幅広い世代に好まれる商品というのが一番理想的ではあるのですが、ターゲットの範囲を広げ過ぎてしまうと、商品のコンセプト自体が薄まってしまいますので注意が必要です。
おそらく商品を開発する時には、どの世代に向けた商品なのかを考えて開発されたものだと思われます。
最初に設定したターゲット世代にあった、パッケージデザインを考えることが大事だということです。
ここがズレてしまうと、商品を手に取るユーザーの数に影響が出てしまいますので、十分に考えた上でパッケージデザインを決めなければなりません。

次は商品の特徴や強みが、明確になっているかどうかを考えるということです。
どのような目的で使用する商品なのか?またどのような効果が期待できるのか?などを前面に押し出して伝わるように、パッケージにデザインをする必要があります。
これに関しては、外観のパッケージデザインだけでは、なかなか伝えるのは難しいですので、 パッケージに取り入れるロゴや説明文などを考えておく必要があります。
一般向けの商品であるなら、できるだけ専門的な言葉は使わずに、分かりやすい表現を行った方がいいでしょう。

後は、デザイン自体が企業イメージを印象付けるものになっているかどうかに、注意をしなければなりません。
企業イメージとかけ離れたデザインにしてしまうと、なかなか手にとってもらえなくなってしまいますので、自社の企業イメージとは、どういうものなのかについて、今一度市場リサーチをしておいた方がいいでしょう。

後は、デザインに用いる配色に関しても、十分に考えたほうがいいポイントです。
ターゲット層の年齢に応じた色を選んだ方が良く、高級感を重視する場合はシックで落ち着いた色味に。
手軽さや可愛さをイメージするのであれば、明るめの色にしていくとマッチしやすいです。
このようにパッケージデザインを考える時には、商品を購入するターゲットのことについて思い描きながら、デザインや色を組み立てていく必要があります。