パッケージデザインを工夫すれば売れる!?

HOME » パッケージデザインの作り方 » パッケージデザインを工夫すれば売れる!?

パッケージデザインを工夫すれば売れる!?

商品はパッケージデザインを工夫することで、売り上げを飛躍的に改善することができます。
特に最近では、SNSという強力な拡散ツールがありますので、デザインにインパクトを持たせれば、広告予算をあまりかけずに、世間に認知してもらうことも可能でしょう。
上手に世間に認知してもらうには、パッケージデザインに盛り込むコンセプトを明確にするということです。
そうすることで、他社商品との差別化ができ、オリジナリティを強調することができます。

では、どのように商品のコンセプトをパッケージデザインで、明確にしていけばいいのでしょうか?
まずデザインの取り入れるべきコンセプトとは、一体どのようなものなのでしょう?
コンセプトとは、すなわちその商品の「目的」です。
性別や年齢層 、悩みなどを細かく分析して、どのターゲットに商品の魅力を感じてもらいたいのかを明確にしたものになります。

例えば、ノウハウ本を書くにあたってターゲット層を設定する時には、一般人向けの内容にするか、専門の人向けの内容にするかによって、作風が全く変わってきます。
それと同じように、企業の商品も、ターゲット層に向けた商品であることが大事で、「あなたに向けた商品ですよ」ということを伝えるために、パッケージデザインには、わかりやすいコンセプトを前面に出さなければなりません。
こうすることによって店頭販売では、お客さんが手に取りやすくなり、オンラインショッピングでは、視覚だけで商品の魅力が伝わるようになります。

パッケージデザインは、いわゆる本の表紙のようなものです。
本屋さんに行き、自分が探しているジャンルの本を選ぶときに、最初に見るのが表紙だと思います。
表紙でインパクトが伝わらなければ、なかなか手に取ってもらうことができません。
これは本以外の商品でも同じことが言えるため、企業はパッケージデザインに予算を投じて個性的で訴求力のある外観を採用しているわけです。

あとパッケージの機能性についても、気を使って考えなければなりません。
デザイン性ばかりを意識してしまうと、機能性に関して問題が生じてしまいますので、この辺りのバランス感覚が大事になってきます。

こういったパッケージデザインは、過去実績のある専門の業者に依頼をした方が、失敗が少ないです。
自分のところで開発をしようと考えると、どうしても人件費や制作費などのコストがかさんでしまいますので、できれば外注に頼んで、デザインサンプルを作ってもらうようにしましょう。
パッケージデザインが市場のニーズにマッチすれば、それが拡散されていき、売上増につながります。
商品の外観は非常に重要なポイントですので、慎重に考案するようにしましょう。