売れる!パッケージデザインの参考例

HOME » パッケージデザインの作り方 » 売れる!パッケージデザインの参考例

売れる!パッケージデザインの参考例

パッケージデザインには、売るためのお手本となる例があります。
売れるパッケージデザインの参考例としては、とある大手清涼飲料水メーカーが商品を売る時に開発したボトルのデザイン。
デザインを寸胴のボトルではなく、中央にくびれを造って滑らかなフォルムにしています。
これは、その飲料水メーカー独自のボトルデザインであり、なぜそのような形状のボトルにしたのかというと、暗闇で触っても、その「清涼飲料水」だということが分かるように開発されたのだそうです。
これにより、その会社独自のパッケージデザインが世間に認知されて、今では定番化されています。

ただ単純におしゃれなデザインを採用するのではなく、商品のコンセプトに合わせたデザインを考える必要があるのです。
デザインノウハウが無い会社がパッケージデザインを考えるには、それ相応のスキルを持った人材を雇うか、外部業者にデザインを委託するしかありません。
本格的なデザインを自前で制作するには、人件費がかかってしまいますので、外部業者に委託した方が最終的なコストが安く済みます。
ただ、外部業者と言っても色々な業者がありますので、希望するクオリティを担保してくれる業者を見つけるためには、十分に業者を比較して選ぶ必要があります。

最近では、SOHOで個人のデザイナーが安い単価で仕事を募集していますので、そういったところに仕事を頼むのもありですが、クオリティにばらつきがあります。
また、著作権を侵害しているデザインを回してくるケースもありますので、やはり看板を挙げて商売をしている業者に依頼をした方が、安心できるということは間違いないです。

では、技術の高い業者を、どのようにして見つけるのかと言うと、複数の業者を選んでサービス内容や過去の実績のデザインサンプルを比較してみると分かりやすいです。
業者に相談をすると、仕上がりのイメージがわかるデザインサンプルが提示されるかと思われますので、そちらを各業者で比較して、気に入った作風のデザインを手掛けている業者を選ぶと失敗が少ないでしょう。

複数業者を比較することで、このようにクオリティーを比べて、より良い業者を選ぶことができますし、有利な条件を提示してくれる業者を見つけることも可能です。
特に一番気になるのは料金面についてだと思われます。
業者によって提示してくる料金に差が出てきますので、複数業者を比較することで、適正な料金相場を把握することができます。
まずは、インターネットで制作会社を探してみるといいでしょう。