2018 10月

パッケージデザインを外注!相談する前の準備

商品の販売に大きく影響を与えるパッケージデザインは、しっかりと考えて訴求力のあるデザインを採用しなくてはいけません。
自社でデザインを考えるノウハウがない場合は、専門の業者に依頼をするのがいいでしょう。
パッケージデザインを外注業者に相談する時には、事前準備をしてからの方が、こちらの希望が相手に伝わりやすいです。
どんな準備をすればいいのでしょうか?ここで説明したいと思います。
≫ 『パッケージデザインを外注!相談する前の準備』

パッケージデザインのアイディア

商品開発の時に、最も重要になるのがパッケージデザインです。
パッケージデザインとは、商品の容器や外装をに施されたデザインのことで、売り上げに直結する重要な要素のひとつです。
パッケージデザインに、売るための「アイディア」を施すことで、世間からの認知度も変わってきます。
では、パッケージデザインを考える時には、何にこだわればいいのでしょうか?
ここでは、そのポイントについて紹介したいと思います。
≫ 『パッケージデザインのアイディア』

パッケージデザインを工夫すれば売れる!?

商品はパッケージデザインを工夫することで、売り上げを飛躍的に改善することができます。
特に最近では、SNSという強力な拡散ツールがありますので、デザインにインパクトを持たせれば、広告予算をあまりかけずに、世間に認知してもらうことも可能でしょう。
上手に世間に認知してもらうには、パッケージデザインに盛り込むコンセプトを明確にするということです。
そうすることで、他社商品との差別化ができ、オリジナリティを強調することができます。
≫ 『パッケージデザインを工夫すれば売れる!?』

売れる!パッケージデザインの参考例

パッケージデザインには、売るためのお手本となる例があります。
売れるパッケージデザインの参考例としては、とある大手清涼飲料水メーカーが商品を売る時に開発したボトルのデザイン。
デザインを寸胴のボトルではなく、中央にくびれを造って滑らかなフォルムにしています。
これは、その飲料水メーカー独自のボトルデザインであり、なぜそのような形状のボトルにしたのかというと、暗闇で触っても、その「清涼飲料水」だということが分かるように開発されたのだそうです。
これにより、その会社独自のパッケージデザインが世間に認知されて、今では定番化されています。
≫ 『売れる!パッケージデザインの参考例』

パッケージデザイナーにデザインを外注する前に

ここでは、商品のパッケージデザインを、専門のデザイナーに外注する前に、自社で考えておくべきポイントについて紹介したいと思います。
まず一番先に考えておかなければならないことは、商品名、商品内容、その商品の特徴、使用するロゴ、法的に記載しなければいけない項目などです。
特に商品名は、どのようなフォントデザインにするのかを、事前に決めておけば、希望通りに仕上げてもらうことができます。
≫ 『パッケージデザイナーにデザインを外注する前に』

パッケージデザインをおしゃれにするには?

パッケージデザインは、おしゃれな見た目にすれば、SNSなどで集客しやすくなります。
しかし一言でおしゃれと言っても、どういうデザインにすればいいのか?悩みどころです。
パッケージデザインは、お客さんが商品に目をやり、手に取ってもらうだけではなく、オンラインサイトでも販売できるように見た目だけで、商品の魅力が伝わるようにデザインしていく必要があります。
≫ 『パッケージデザインをおしゃれにするには?』

商品をパッケージデザインで販売強化するには?

自社商品のパッケージデザインを考えて、売り上げを上げるには、デザインのコンセプトを明確にする必要があります。
コンセプトとは?一体どういうことなのか?
パッケージデザインの基本的な知識と合わせて解説していきたいと思います。
≫ 『商品をパッケージデザインで販売強化するには?』

パッケージデザインを外部会社に依頼するメリット

ここでは商品のパッケージデザインを、外部の会社に依頼する場合のメリットについていくつか紹介したいと思います。
商品開発をこれから考えている人は、自分の会社で全てやるのではなく、専門の業者に依頼をした方が良い場合もあります。
例えば、デザインに関して知識がなく、専門の部署を置くほどの予算がない場合。
こういう場合では、パッケージデザインを請け負う専門の会社に、リサーチからデザインの作成までを任せた方が、良いものが仕上がります。
≫ 『パッケージデザインを外部会社に依頼するメリット』